変形性膝関節症の改善は骨密度が重要|栄養補充で劇的改善

高齢者の膝の痛み

関節

女性に多い病気です

高齢になって膝の痛みに悩んでいる人の中で、その原因が変形性膝関節症という病気であることが多いといいます。変形性膝関節症は、膝の痛みと膝に水がたまるのが特徴で、最初は膝を動かす時に軽い痛みを感じる程度ですが、重くなりますと膝を動かさなくても痛いという状態になります。この病気は、女性に多く、大体、男性の4倍程度発症するといわれています。やはり、女性の高齢者は、骨密度が低くなりやすいことや、正座をする機会が多いこともこのような発症率の高さにつながっているのでしょう。この変形性膝関節症の原因は、膝の関節を構成している軟骨部分がすり減ったりして関節自体が変形することによります。また、怪我などで関節を傷めたりして発症することもあります。

日常で気をつけること

変形性膝関節症は、軽ければ歩くこともできますが、重くなりますと自力で歩けなくなります。そうなる前に気をつけることがいくつかあります。まず、なるべく正座をしないことです。そして、できるだけ洋式トイレを使うようにします。いずれも膝の負担を減らすためです。次に足の筋肉を強くします。特に、ふとももの前部の筋肉を強くするのが良いそうです。そして、肥満しているのでしたらダイエットして膝にかかる荷重を軽くします。また、膝の痛みに効くサプリメントを使用することを考えて良いでしょう。変形性膝関節症に有効なサプリメントとして、グルコサミンがあります。グルコサミンは、多くの健康食品メーカーから販売されているので、自身の好みや予算に応じて選択しましょう。

膝に痛みが起こる疾患

年配者

関節に痛みや変形が起こる疾患を変形性関節症と言います。中でも特に多いのが変形性膝関節症です。初期症状は膝の違和感や歩き始める時の痛みですが、悪化すると強い痛みや関節の変形が起こります。膝に何かしらの異常を感じた時は、早めに対処するのが望ましいです。

More Detail

中高年の膝の痛み

桜と夫妻

中高年の膝の痛みは変形性膝関節症がほとんどである。これは膝関節の軟骨がすり減り、そのため炎症や骨の変形が起こる病気である。早期治療により生活の質を維持できることから、症状に気づいたら早急に診察を受けるよう注意が必要である。治療と平行に軟骨の構成成分であるグルコサミンを摂取することが推奨されている。

More Detail

膝関節の病気

頭を触る男性

医学の進歩により平均寿命が長くなり、高齢化社会となり、膝の痛みを抱えている方はたくさんいます。変形性膝関節症は、生活改善や適切な治療で症状が和らぐことが多い病気です。命にかかわるものではないので、ついつい放置しておきがちですが、症状がひどくなる前に医師に相談することが大切です。

More Detail

Recommended

  • SeaFukoidan.com

    モズクなどの海藻に含まれるフコイダンの効果は実に様々です。栄養分を効率よく摂取したいのならサプリを使用すると良いでしょう。